セノの旅

レートの構築記事は”青春ポケ野郎はラティアスクチートの夢を見ない”タグでまとめてあります

s14 最高2106 百折不撓ラティアスクチート・二式

こんにちは!セノです。

みなさんs14お疲れさまでした。長かったですね… 今期は3ヶ月ありインフレが予想されること、新社会人と受験生が来期からいなくなってデフレになることを考えると僕が21に乗れる最後のチャンスだと思っていました。何としても結果を出したいと、序盤からガンガン潜り構築を煮詰めていました。s12から使っているギャラクチで21を達成することができて感無量です。立ち回りや選出がかなりシビアになってしまいましたが幸い3シーズン分の経験があったため何とか勝ち切ることができました。最終日になる前に2ロム20にのせましたが使っていた構築は同じなので最終日に使用していたver.で記事を書きます。

 

使用構築

f:id:seno_poke:20190402215048p:plain

 

構築経緯

コンセプトは見えにくい速さ、耐久、火力で序盤の不利をまくること。

いつも通りクチートから組み始めることを考え、一番経験値のあるであろうギャラクチボルトから構築を組み始めた。今期はギャラアゴが環境に多いだけでなくアゴ自体の数も増えていると感じたためギャラのsラインを128(1舞でゲコ抜き)に変更した。ボルトも同じsで使用することでボルトから入り相手のロトムやボルトとのs関係を調べることが可能になり、ゲームプランが立てやすくなった。

ギャラクチボルトで構築を組む際に特に意識するのがマンダ軸への回答とテテフ入りへの立ち回りを楽にすることである。マンダ軸には水Zレヒレ炎Zガモスを用意し、共有パ以外にもマンムー入りやレヒレ+高耐久ノーマルの並びにもある程度戦えるようにした。またガモスは前期のガッサのようにある程度相手の選出を縛ることができるほか、ガルーラ軸に投げて炎Zの高火力で無理やり崩したりとガルドのいる構築にはこのポケモンをどう通すのか考えていた。レヒレクチートガモスの2Z選出もたびたびおこなった。レヒレはテテフリザにも通りがいいだけでなく臆病の読まれにくいsラインで不意を突いたり、レヒレミラーを優位に進めたりと環境に刺さっていた。炎Zガモスも考慮していないマンダ軸が多いためこの2枚は読まれにくい勝ち筋として使用していく。

最後の1枚は電磁波きのみラティアスを採用した。(実際にはギャラクチボルト➢レヒレ➢ラティ➢ガモスの順)単体考察にて詳しく述べるがこのラティアスがめちゃくちゃ強く、21に乗れたのはこの子のおかげである。電磁波によるs操作でs関係を逆転させるのは太い勝ち筋になるほか、麻痺による後続の起点作成も行えるため、ラティを選出出来た試合は楽に勝てることが多かった。

選出率はクチート以外の5枚はほぼ同じくらい選出した。

 

個別紹介

クチート@メガ石

f:id:seno_poke:20190402213410g:plain

155(236)-170(236+)-145-x-115-75(36)

じゃれ/叩き/剣舞/不意打ち

僕の相棒。今期は剣舞クチート。火力はできるだけ落としたくなかったので最低限の体力と電磁波準速ミミを抜けるだけのs振りで残りはAに。前期までのクチートと比較するとミラーにとても弱くなったがクチート軸に通りの良い特殊Zを2枚採用しているためそこまで気にならなかった。剣舞で広がる勝ち筋は多く、難点はクチートが重くなるのとエアームド相手に少々困る程度であった。いつも通りほぼ選出する。このポケモンにどう仕事をさせると勝てるのかを選出画面でしっかり考える。サブ合わせて1000試合ほどしたが選出しなかったのは5試合にも満たないと思う。妖+悪の技範囲が偉すぎだ。

ラティアス@混乱実

f:id:seno_poke:20180515094054g:plain

156(4)-x-110-162(252)-150-178(252+)

サイキネ/10万/シャドボ/電磁波

僕の嫁。きのみを食べやすくH4n。グロスの攻撃を受けてきのみ食べてバレパンから逃げる動きが強い。グロスやレヒレを2発でシバける可能性を少しでも上げるためにもCぶっぱ。とにかく強かった。電磁波で相手の引きや道具によるラティの事故死を考慮した中間択が取れる上に、技範囲が広くそこそこ足も速いため先発性能が高かった。電磁波は相手の死に出しポケモンに麻痺をまくことで一気に戦局が有利にもなる。とりあえず選出ではラティクチ@1で勝てるかを見極める。(とはいえ選出率は他の4枚とそう変わらない)

本構築のMVP。型教えてくれたサックーさんには頭が上がらない。

ギャラドス@混乱実

f:id:seno_poke:20181106071354g:plain

180(76)-190(220+)-99-x-120-128(212)

滝/地震/身代わり/竜舞

前期からはアゴが増えたためSラインを伸ばした、が竜Zアゴや眼鏡レヒレも同様に増えていたため耐久が少し足りないことが多かった。特に眼鏡レヒレのムンフォを身代わりできのみ挟みながら捌くことができなかったのは弱かった。H184A186のが偉いかもしれない。

なんか違和感あると思ったらH184A185しか無理ですね。このへんの調整は悩ましいです。

クチートと受け攻めともに相性保管が抜群。2枚合わせていろんな"並び"をみることができる。

ボルトロス@混乱実

f:id:seno_poke:20190402213821g:plain

184(236)-x-98(60)-187(36+)-116(124)-128(52)

ボルチェン/めざ氷/挑発/へど爆

電気と地面の一貫を切れる偉いやつ。前期と同じように先発から様子見をしながら展開したりクッションにしたりする。ギャラとSラインがそろっているため偵察能力は高い。重いコケコにまあまあ強く安定択を量産できるのがgood。

SラインはギャラとそろえるだけじゃなくきのみボルトミラーでS負けたら試合展開が結構しんどいから高めにしているのもあります。

カプ・レヒレ@水Z

f:id:seno_poke:20180515094936g:plain

145-x-136(4)-147(252)-150-150(252+)

ドロポン/ムンフォ/めざ炎/瞑想

リザードン軸に投げたりマンダ軸に投げたりする。臆病はとても強く環境に多かった準速ヒトム、準速レヒレ、準速ミミの上から行動出来る。最速じゃなきゃ抜けなかったなって場面も多く環境に刺さっていた。(火力が足らなくて泣いた試合もある)

ゲッコウガを環境に合わせてマンダ軸に刺していくことも考えたが今期はマンダ軸の並びが多様化していたためマンダ以外にも投げれる性能を確保し、後述のガモスと選択で選出することで拾える試合を増やした。

クチートを状態異常から守るフィールドは上手く使うことで詰め筋となるので意識して戦った。

ウルガモス@炎Z

f:id:seno_poke:20190402213842g:plain

161(4)-x-85-205(252+)-125-152(252)

放射/さざめき/めざ氷/蝶の舞

共有パをぼこぼこにしたくて入れた駒。臆病にすることでスカーフランドを意識したりミラーで上を取れたりするが、高耐久ノーマルを吹き飛ばすことやミラーでも耐久型なら上はとれる上、炎Zを有するこちらのほうが有利をとりやすいため控えめ推奨。さざめきは身代わりを打つ機会がそこまで多くなかったため、対ゴーリ性能をできるだけ下げずに技範囲を広げるために採用した。他での削りや交代読みでバンギ入りにも出せなくはなくなったり、ヌオーやママンボウゲッコウガなどへの打点になったり、やわらかさとさざめきから虫Z型を警戒させたりとなかなか有用であった。

特性は炎の体。焼けば勝ちみたいな場面は6回はあったし(実際一回焼いて拾った。他にも焼かなくてもいいけどeasyできたり)知らせなら落とせたなあって場面は無かったので体で良かったと思う。

きつい相手

ポリZ:起点回避しながら先に展開しなきゃいけない…

Zガルド:やめて

催眠ゲンガー:運だけねや

氷Zとかリフレクレヒレ:ボルトでうんたん

Special thanks

いっぱいDMしたさくくん

よく通話してラティクチを開発してくれたサックー

モチベを上げてくれたけいと

総括

今期は割と早い段階でけいとが21チャレまでいっており、またも一人奮起していました。なんとかけいと抜き調整&21達成することができてめちゃくちゃうれしかったです。結果に満足したのと構築もしばらくはこれ以上のものは組めないと感じたため、数字を追い求めるレートからは一時撤退しようと思います。前々から考えていたことではありますが最終日周りが21のる中、劣等感にさいなまれながら戦うレートは想像以上につらかったためしばらくは見た目が好きな並びでのんびり20のればいいなあ、くらいの気持ちで遊ぼうと思います。とりあえず色のサナガルドレヒレ

なにかあれば @seno_poke まで

ちなみに最終日2014から35-25で2106まで上げれました

f:id:seno_poke:20190402214910j:plain

 

 

s13 最高2068 百折不撓ラティアスクチート

こんにちは!セノです。

みなさんs13お疲れさまでした。今期はどうしても結果が欲しいと思いガンガン潜ってなんとか最終日までに2ロム2000を用意して臨みました。片方はサザンクチートだったのですが最終日に使ってないので、最高レートを更新できたラティアスクチートの方を記事にしようと思います。

 

使用構築

f:id:seno_poke:20190108143044p:plain

構築経緯

いつも通りクチートから組み始めることを考え、前期と同じく攻守ともに相性の良いクチートギャラドスから組むことにした。今期は襷激流ゲッコウガが数を減らしていると感じたためコケコの枠をボルトロスに変更して、基本選出をギャラクチボルトの3枚とした。これは正解で困ったときにはこの選出をすればいいやと思う程度には安定して戦うことができた。次にギャラドスが大きく隙を見せるテテフへの駒をいれることにした。どのタイミングで展開してくるかわからないテテフに対して初手の対面じゃんけんをさけるためにキノガッサを採用した。テテフリザミミガッサのどれがきても仕事をしてくれるのでクチートへの役割集中を避けつつ試合展開の順番に自由度を持たせることができる。次に必要なのがマンダ軸への解答である。ギャラがマンダに大きく隙をみせるためあまりギャラは選出せずクチボルト@1で戦える駒を考えた。この2枚で特につらいガルドに大きく有利を取れる悪Zゲッコウガを採用した。コケコをボルトにしたことで相手のコケコに対して余裕ができたためのゲッコウガ採用である。ラストは今期あほほど増えていたガルーラへの駒としてゴツメラティアスを採用した。

 

個別紹介

f:id:seno_poke:20180515094325g:plain

クチート@メガ石 NN タルトレット

意地っ張り/威嚇⇒力持ち

157(252)-166(204)-146(4)-x-116(4)-76(44)

じゃれ/叩き/炎牙/不意打ち

僕の相棒。前期と同じくs44振り。これが生きたことは多くまたもや正解だったと思う。ギャラが止まるポケモンをだいたい突破することができ攻撃の面でギャラドスをサポートする。役割が集中しやすいので余裕があるときは後述のキノコとラティアスを用いてうまいこと負担を減らしてあげると勝ちにつながる。ミラー意識の44振りは麻痺入り準速100と同じであるためBDの4を削ってsにまわした方が良かったかもしれない。昨今は剣舞クチートが流行っているがこの構築では絶対に炎牙だと思っている。今期もほぼすべての試合で選出した。出さなかったのは2回だった気がするけど今一覚えていません。どうせクチートは選出するので、このポケモンにどの仕事をさせるのが一番試合展開が楽かを選出で考えればゲームプランが立てやすい。 

 

f:id:seno_poke:20180515094054g:plain

ラティアス@ゴツメ NN Millefeuille

臆病/浮遊

183(220)-x-111(4)-134(28)-151(4)-178(252)

サイキネ/シャドボ/電磁波/癒しの願い

今期ガルテテフが大量発生していたため急遽採用した僕の嫁ポケ。テテフリザにはガッサを投げられるがガルテテフには投げにくいためクチートに働いてもらうことで対策とした。シャドボはクチートが落とせなかった耐久眼鏡テテフ意識、というかそれピンポイント。汎用性は皆無だがガルテテフ用の駒なのでこれでよかった。完全なプレミで落とした勝てば2076だった試合でもキーマンとして働いていたのでラティアスを採用したことには満足しかない。好きなポケモンで戦いたいしね!

 

f:id:seno_poke:20181106071354g:plain

ギャラドス@混乱実 NN コカ・コーラ

意地っ張り/威嚇

188(140)-187(196)-99-x-120-123(172)

滝/地震/身代わり/竜舞

前期に引き続き採用したギャラドス。今期は色ギャラを使っていたのだがgifが用意できませんでした。だれかください…防御の面でクチートをサポートする。クチギャラの相性保管は最高だと思う。ちょっと試した飛行Zもいつもなぜか後投げされていたバレルとかをぶっ飛ばせて最高に爽快だったが結局きのみで運用した。相変わらず急所負けが多かったが今期は怯み勝ちもまあまああったので許してあげます。基本クチギャラボルトって投げるから選出率は多分高い。ボルトの次くらいか同じくらい投げた。

 

f:id:seno_poke:20190108150301g:plain

ボルトロス@混乱実 NN わたぱち

控えめ/蓄電

184(236)-x-98(60)-187(36)-124(116)-128(52)

ボルチェン/めざ氷/挑発/ヘド爆

電気と地面を無効にできる偉い奴。いろんな攻撃を耐えるためクッションとしてクチギャラをサポートする。ヘド爆はコケコへの打点だけでなく毒を狙いに行ったりやや重いレヒレに居座りながら打つ技にもなる。うまいこと木の実を食べさせてあげれば試合展開はかなり楽。この子をどっかで捨て駒にすることでゲームメイクをすることも多々ありこの構築で一番苦労しているポケモンだと思う。先も述べたがこいつのおかげで相手電気に対して余裕をもった立ち回りができ、クチギャラボルトで安定行動とるだけで勝てたのはとても良かった。スカーフにしても強いと思うが僕には使いこなせません。

 

f:id:seno_poke:20180602025132g:plain

ゲッコウガ@悪Z NN みずあめ

臆病/変幻自在

147-x-88(4)-155(252)-91-191(252)

波乗り/冷ビ/めざ炎/悪波

共有だけでなくナットドランのマンダ軸も破壊しようとして技構成がめちゃくちゃになったゲッコウガ。結構活躍したがレヒレに打点が無いのがきつい。一番適当に採用を決めたせいでこいつを選出したときはゲームメイクが難しかった。今回はZを打ってもらいたかったためこの構成にしたがけたぐり冷ビダスト悪波のゲッコウガもいつか使いたい。

 

f:id:seno_poke:20190108154606g:plain

キノガッサ@襷 NN きのこのやま

意地っ張り/テクニシャン

135-193(204)-107(52)-x-80-122(252)

タネガン/マッパ/胞子/岩封

ガッサに勝つためのガッサ。この方法のガッサ対策は頭がいいとは言えないが枠的にこいつしかいなかった。刺さるときはぶっささるし最悪でも選出画面の圧があるから仕事はしてる。フィールド鋼でこいつをみるとギャラクチボルトが刺さる。うまいことラス1に残しながらサイクルできれば対面性能の高さで何とかしてくれる。

 

キツイ相手

ジャラランガ:マジで勝てない上に最終日大量発生で最高更新チャレのたびに立ちはだかった。泣いた

速いレヒレ、リフレクレヒレ:ダストほしいよう

Zギルガルド:やめなさい

鬼羽リザ:鬼火とかいう命中不安そんなポンポン打つんじゃない!

襷結びゲッコウガ:きつい

めざ電ゲッコウガ:宇宙やめて

 

Special thanks

いっぱい議論してくれたさくくん

一緒に戦ってくれた通話窓の皆さん(特に潜ってないのに最後まで付き合ってくれたgoさん)

 

総括

今期は何としてもけいとだまに負けたくない!という気持ちをモチベにして頑張りました。自己最高も結構更新してぎりぎりけいとだまにも勝てたので満足です。欲を言えば21欲しかったですが来期は長いのでそこで狙おうと思います。

なにかあれば@seno_pokeまで

よろしければQRお試しください

f:id:seno_poke:20190108160420j:plain

 

3ds.pokemon-gl.com



s12 最高2022 数回限定ラティクチギャラ循環

こんにちは!セノです。

今期はじっくり構築立ち回りを考えて臨んだため20達成して記事を書くことができて嬉しかったです。2050を目標にしていたため満足とは言いませんが最高レート更新や,少し溶かしてから20復帰ができたため進歩はあったと思います。

 

使用構築

f:id:seno_poke:20181106064120p:plain

 

構築経緯

僕はクチートでしか勝てないことに前期気付いたのでクチートは確定。選出画面で勝ちのルートを見つけやすくするためにクチートは絶対選出として@2だけを悩むことで実力を誤魔化すことに決めた。前期から使い続けていた木の実ギャラドスから組み始めた。ギャラドスクチートが隙を見せるガッサ入りに負けたくなかったのでコケコを採用。環境に多いミミガッサ,ミミゲコに対して有利をとるためDL調整コケコ。この3枚ではマンダ軸に勝てないため,ギャラドスを止めに来るポリ2に対して有利をとれつつ,共有パに対して有利をとれる地面zマンムーを採用。ロトム入りサイクルが重いため裏ごと不可をかけていく眼鏡ラティアスを採用した。この5枚は前期から回し続けて決めたため満足のいく並びだが@1が見つからず無限に悩み続けた。シングル厨の集いが近かったこともありFFの友達と話し合いながらいろいろ試したがグル厨では3-8とかいうひどい戦績で何度も解散しようと思った。重かったギャラとクチートへの役割集中を避けるためにABトリルミミを採用して構築を完成させた。

基本的にクチートは確定で選出する。初手の出し負けを誤魔化しつつ自身もAとなれるギャラ,有利対面が多くptを崩壊させやすいマンムー,初手の出し負けを誤魔化せたり,自身が初手から入ることで雑に場を荒らせるコケコから2枚を選出することが多い。ラティアスはこの4枚で勝てない並びに刺さりやすく,ラティで荒らせると判断したら積極的に投げる。ミミはクチートの役割が過多な時(ガルーラテテフギャラetcのクチートの役割対象が複数いる時)トリルで詰める場合に選出する。クチート+クッション(ギャラorコケコ)と合わせた選出が多い。

コンセプトというより基本的な立ち回りは少ない回数サイクル回すなかでクチートギャラマンムーのどれかで勝てる状況を組み立てる。

 

個別紹介

f:id:seno_poke:20180515094325g:plain

クチート@メガ石  NN タルトレット

意地っ張りー威嚇⇒力持ち

実数値:157(252)-166(204)-146(4)-67-116(4)-76(44)

技構成:じゃれつく/叩き落とす/炎の牙/不意打ち

この構築の軸。今回はギャラとのコンビでいろいろな並びを粉砕する。過労死しやすいポケモンなので選出の段階でどのように立ち回るか考えておく必要がある。この構築はクチートが重いため環境によくいるクチートの上を取りにいった。この調整はかなりいきて,実際に上を取れるだけでなく詰め筋を考えやすいというメリットもあった。技構成はじゃれ不意叩きまでは確定で,重いクチートへの打点となりつつpt唯一の炎打点として炎牙で完成されている。ただ最終日に炎牙を外しまくって溶かしたためこのポケモンと技外しは切り離せないと思った。選出しなかったのは400戦中3試合,同速負けしたのは3回。

 

f:id:seno_poke:20180515094054g:plain

ラティアス@拘り眼鏡 NN ミルフィー

臆病ー浮遊

実数値:159(28)-x-111(4)-158(220)-151(4)-178(252)

技構成:サイコキネシス/10万ボルト/シャドーボール/波乗り

たまたまだがS9のときのラティと同じ技構成になった。波乗りが生きた場面も多くこれで正解だったと思う。ロトムサイクル以外にも刺さっている構築は多く活躍したが,相手がラティを切った選出をせざるを得ない状況を作った時にしっかりとラティを出せているかがこのポケモンを使う上で大事かもしれない。

 

f:id:seno_poke:20181106071354g:plain

ギャラドス@混乱実 NN あげたいやき

意地っ張りー威嚇

実数値:188(140)-187(196)-99-72-120-123(172)

技構成:滝登り/地震/身代わり/竜の舞

この構築の第2のA。リザードンに受けだしするために耐久に振っている。クチートと合わせてYなら最低でも不意圏内,Xなら逆鱗ロックさせることで両リザに安定させる。グロスにも強いためリザグロスに対してかなり強く,木の実と身代わりによってギャラを止めに来るレヒレミミッキュで止まりずらい。クチートとの役割関係が抜群でこのポケモンがきつい敵をクチートが,クチートがきつい敵をギャラが見れるだけでなく役割集中もかけることができる。かなり強いのだがこのポケモン下振れの塊である。受けだすことが多い上2発耐えて巻き返すみたいな動きをよくするため追加と急所をひきまくる。特に急所は木の実の調整が崩れたり威嚇が貫通したりで大変なことになる。身代わりで多くのインキャを詰めることができ,ポテンシャルはかなり高いため今後も使っていくかもしれない。

 

f:id:seno_poke:20181106074311g:plain

カプ・コケコ@混乱実 NN クッキー

臆病ーエレキメーカー

実数値:172(212)-121-106(4)-116(4)-107(92)-192(196)

技構成:ボルトチェンジ/めざ氷/挑発/怒り

テンプレDL調整コケコ。雑に場を荒らしてAの補助をするお仕事。ゲッコウガの波乗りも2耐えするため環境にありえんくらいはこびっていた襷ゲコをあと投げから怒りボルチェンで落とすことができる。ゴーリに対しても挑発ボルチェンで裏につなぐことで五分以上の勝負ができた。同様にイーブイバトン相手にも挑発ボルチェン地面Zで優勝できる。環境にもささっており本構築のMVPである。挑発と怒りが偉すぎて全構築に刺さっているように見えるまである。ただこいつも下振れ製造機であることには注意したい。絶望的に火力が無いためラス1ミミッキュに負けることが多いのが悔しかった。

 

f:id:seno_poke:20181106080546g:plain

マンムー@地面Z NN ごまだんご

意地っ張りー厚い脂肪

実数値:189(28)-200(252)-111(84)-81-81(4)-118(140)

技構成:地震/つららばり/礫/叩き落とす

ギャラを受けに来るポリ2をどや顔で破壊する。ギルガルドに受けだせないこともない。めちゃくち初手警戒されるしあほみたいにマンダあと投げされる。こっちも読んで浮いてるポケにガンガン地震押しましょう()刺さっている構築が多く如何にマンムーの障害を取り除くかみたいな試合も多々あった。

 

f:id:seno_poke:20181106083408g:plain

ミミッキュ@ミミZ NN ヌガー

意地っ張りー化けの皮

実数値:151(164)-143(156)-123(180)-63-126(4)-117(4)

技構成:じゃれつく/トリックルーム/呪い/影うち

アゴギャラが重かったのとテテフに対して柔軟に立ち回れるよう採用した。火力の低さが目立ったがこの役割はミミッキュ固有であると思うのでこいつ以外はないと思う(調整は諸説)。ミミにする前は1850周りを停滞してたのがこの子に変えてからは1950周り停滞まで伸びたので構築の重要性を再確認させられた。

 

キツイ相手

基本的に絶対無理な相手は作らないように意識して組んだためある1匹を除いて無理なポケモンはいない。当たりたくないのは

ガルーラ、テテフ、ガモス、ピクシー、クレセリアジャローダ、分身あたり

無理なポケモン

ジバコイル

 

総括

今回構築を組むにあたり相当な時間考察を行いました。その甲斐もありほとんどの構築に対して勝てる可能性があるptを組むことには成功した半面、下振れ要素も強く2100を目指せる構築かと言われればNoであったと思います。今期は知り合いが何人か21に乗せており、うれしい反面すこし寂しかったです。自分では乗せれる気は微塵もしなかったため悔しさが無いのが情けないです。どうやったら強くなれるのかもうわかんなくなってるので本気で21目指すかは謎ですがポケモン自体はまだ続けるつもりなのでマッチングした際はよろしくお願いします。ffの方は引き続き仲良くしてください。

f:id:seno_poke:20181106090722j:plain

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-497F-92C2

Twitter

@seno_poke

青ブタさいこうだって話

青ブタアニメが始まりましたね。ほとんどの人が知らないだろうけどこのブログのトップ絵?は青ブタのかえでちゃんです。一番かえでが好きなの?といわれるとそーゆーわけじゃなく、このブログが僕のお家と考えたらアイコンはかえでかなと…(オタク感)

全キャラ可愛いけどむりやり一番を決めるなら双葉ちゃんですかね。眼鏡キャラ好きくないし髪型の好みはショートからセミが好きだしきょぬー好きってわけでもないんだけど…アニメキャラは見た目から好きになることが多かったんだけどこれがガチ恋ってやつなんですかね…

ほとんどの人が知らない情報その2で僕の20記事のトレーナーカードに載ってるやつも青ブタからきてる

この時期は青ブタ関連のつぶやきファボ魔になります。

自分の好きな作品が好きってだけで好感度あがっちゃう単純オタク。急にふぁぼりつりぷしてきても許してください。

f:id:seno_poke:20181015003423j:plain

あとカスタムキャストは時間が溶けますね

rank

ポケモンはじめてもうすぐ1年ということもあり自分語りとして好きなポケモンについて書きました。ポケモンカードしたい欲が高まってきたこともあり,といっても何の知識もないので好きなポケモンを記事にしつつ優しい有識者が戦えるカードを教えてほしいなあとか思ってたりします。

ポケカ詳しい人もそうでない人も暇つぶしに読んでみてくださると助かりますm(_ _)m

以下常体

 

 

1位 ラティアス

f:id:seno_poke:20180515094054g:plain

水の都めっちゃ好き!アニポケのラティアスも好きだけどポケスペラティアスも大好き!ナース服とか最高かよ

レートでも使ってるし20乗った時もとどめはこの娘がサイキネでバシャを倒して決めた。最近ちょっとだけptから抜いてたけど戻してからめっちゃ勝ててるしやっぱり嫁かついい相棒。ただ選出はあまりできてないのがちょっとあれ

眼鏡スカーフラム食べ残しゴツメ超電水Zとあれこれ試したがいまだ正解が分からない…

なんかポケカで使えないみたいな情報を得て絶望してるorz

 

2位 ミミッキュ

見た目がすごく好き。ディスコのアイコンにしてるミミッキュのぬいぐるみを100円でとれたことがポケモンを始めたきっかけ。そこからラティアスの記事をあさっていろいろ読んだ後カスケードさんのs6のパーティを丸パクリしてレートデビューした。それがきっかけでカスケードさんとは仲良くしてるし交流も広がってるので感謝しかない。

あまりレートで使ってなかったので前期から使おうとしてたけど今のptから抜けた…

 

3位 クチート

ラティアスと合わせて使ううちに好きになってしまった。今まで総計で3000試合くらいレートしてきたけどそのうち2850戦以上はラティアスクチート。前期にマンダとかも使ってみたけどクチート以外使えないことに気付いた。相手にじゃれつきに行って躱されてしょんぼりしてるクチートちゃんが可愛すぎる…!

 

4位 シャンデラ

見た目がお洒落、鳴き声も好き

 

5位 ムウマ

なんかかわいい。

 

6位 バシャーモ

ゲーム買ったのが遅かったので初めて買ったゲームはエメラルドだった。初めてのポケモンアチャモ不思議のダンジョン赤の救助隊でもアチャモだったから思い入れが深い

 

7位 ブラッキー

色違いがとても可愛い、お洒落。子供の頃ブラッキーのフィギアが欲しかったけど手に入らなかった苦い思い出…

 

8位 ヤミカラス

地元が異常にカラスが多かったこともあり結構好き。頭が帽子になってるのいいね!

 

9位 クレッフィ

見た目が好き。話によると害悪だったらしいが僕のあずかり知らぬことである。

 

10位 ジュペッタ

かっこかわいい。ぬいぐるみを買うか真剣に迷っている。

 

コンビ賞 とある絵描きさんの影響でサーナイトギルガルドが好き、素敵

 

こんなしょーもない記事を読んでくださりありがとうございます。まだまだポケモンは続けるのでこれからも仲良くしてほしいです(シングル厨とかね)。ポケカ勢はいろいろ教えてくれると泣いて喜びます。(だれからもこなかったらQさんが質問攻めに遭うので)ぜひお願いします。

その名が似合う人

こんにちは、セノです。

7/21にえいけいさん,友奈さんによって開かれたリンシャン杯についての記事になります。ざっくりいうと麻雀,大富豪,ポケモンシングル,マルチ,バトルロイヤルの複合戦を二人一組計8チームで競い合うというものです。麻雀のできる相方を見つけることが困難だったため参加はできないと思っていたのですが運営のえいけいさんに誘っていただき参加にありつけました!

第一ラウンドは大富豪でした!ここで僕は驚異の手札運に恵まれ大富豪は一位獲得。裏の麻雀でもえいけいさんが一位を取りこの時点でかなり優位につけます。第二ラウンドのバトルロイヤルでは二位(同率なので点は半分),シングルは僕が負けえいけいさんは勝ち,なんとこの時点で優勝が決まりました。

マルチではとんでもない運勝ちで勝ちリンシャン杯優勝をすることができました!

碌な考察も育成時間もなく組んだひどいものですが簡単に使用構築を書きます!

 

バトルロイヤル

コケコ@電気Z    雷/放電/守る/めざパ氷

リザードン@Y    オバヒ/ソラビ/守る/エアスラ

マンムー@チョッキ  地震/つらら張り/礫/岩石封じ

マリルリ@オボン   アクジェ/じゃれ/馬鹿力/守る

シャンデラ@スカーフ シャドボ/オバヒ/エナジーボール/めざ氷

ラティアス@かわいい ヒロイン枠

地震が弱いためコケコが強いと思い想定外の火力を出せる雷Zで採用。点を取る場合高速よりも中速効果力の方がいいと思いリザY。先制技持ちも強いだろうとマリルリを採用した。相手のコケコやガルド,リザYに対する駒としてチョッキマンムー。ルール上身代わりが強いと思い(自分では使いこなせない)すりぬけシャンデラ。最後に相棒のラティアスを加えて構築が完了した。

実際身代わりが強く身代わりジャラZがあばれて一位を余裕で持って行った。大会後の二次会のときに気付いたがこのルールマリルリが強い気がする。かなり楽しかったのでバトロイの仲間大会はもっと増えてほしいと思った。

 

マルチ

ニョロトノ@スカーフ 熱湯/波乗り/冷ビ/雨ごい

クチート@メガ    アイヘ/岩雪崩/守る/不意

ブルル@チョッキ   ウッドホーン/ハンマー/岩石封じ/馬鹿力

レボルト@格闘Z    10万/めざ氷/気合玉/悪だくみ

シャンデラ@ゴーストZ シャドボ/火炎放射/トリル/呪い

ラティアス@美人   ヒロイン枠

事前打ち合わせOKとのことだったが時間が取れずすり合わせができなかったので初手など簡単なことのみ決めた。スカーフトノとルンパの集中砲火で数的有利をとり続けるのがコンセプト。トノルンパで対応できない高耐久水を牽制しつつルンパの火力補強を行うブルルと集中砲火で落とせない敵用の格闘Zボルト。残りはトリル展開用である。

雨からトリルの切り替えがうまくいかず負けかと思いきやえいけいさんのラティが10マン麻痺からの三連痺れとかいう運勝ちをかまして勝利した。これもとても面白かったしそのうちダブルにも手を出してみようと思った。

 

誰得な自己満足記事になりましたが言いたかったのは構築でなくえいけいさんにアイコンを描いてもらえたことです!優勝してよかった!

f:id:seno_poke:20180728031145p:plain

アイコン自慢したいだけの記事でした。読んでくださった方ありがとうございました。

今期もポケモンレート潜っているので対戦することになったらよろしくお願いします。

ふたりの距離のダメージ計算

こんにちは!セノです。

今回はラブリィカップと道連れ杯で個人的にはいい結果を残せたため使用構築を書いてみました。道連れ杯参加を決めたのが参加申し込みの締め切りギリギリだったため,机上論のみで並びを決めたところ試運転のホズラッシュでぼこぼこにされ頭を悩まされました。幸い道連れ杯までには構築を完成させて(並び変えられなかったので半分諦めてました)パートナーであった,たまこさんに迷惑をかけることなく大会を終えることができました。結構勝率が良かったため,読んでいただけると嬉しいです。

 

使用構築

f:id:seno_poke:20180602021233p:plain

構築経緯

たまこさんとの共有枠がラティアスクチート。たまこさんがカプ・レヒレを使うということだったので水枠としてメタグロスを上から叩けてギルガルドに強い身代わり持ちの変幻自在水Zゲッコウガを採用。パーティどころかタッグ単位で重くなりそうな鋼(グロス,ガルド,テッカグヤ)に強くした。S9の構築からレヒレゲッコウガにかえた弊害としてヒードランサイクルへの受けだし性能の低下,ミストフィールドが無いことからキノガッサがやや重くなる,手裏剣が無いためバシャーモがやや重い。これらを解決するために,炎技を半減でき,ガッサにだいたい対面から勝て,威嚇をいれなくともメガバシャーモの最大打点を耐える(めざ氷は低乱で落ちる)ラムのみガブリアスを崩し枠として採用した。道連れ杯はタッグで二枚を固定にして戦うルールであったため,共有枠として多いと思ったメタグロスをメタるために前期同様にスカーフヒートロトムを採用。役割とタイプ,持ち物までが前期と同じであったためラストはそのままメタグロスを続投した。

この構築でホズラッシュに参加したところ,かなり欠陥が見つかった…

ウルガモスにぼこられポリゴン2も重く,格闘Zフェローチェスイクンなんかには勝てる気がしなかった。ゲッコウガの使い方が下手すぎて相手に水ポケモンがいるだけでもややきついという欠陥パーティだったため急遽ゲッコウガをスカーフ(ヒトムはZ)や草Zに変えてみたところ草Zゲッコウガがラブリィカップで大活躍したため微調整を加えてパーティが完成した。

 

個別紹介

f:id:seno_poke:20180515094054g:plain

ラティアス@拘り眼鏡

臆病ー浮遊

実数値:159(28)-x-111(4)-160(220)-153(4)-173(252)

技構成:サイコキネシス/10万ボルト/シャドーボール/流星群

解説:

ドラン入りにはガブリアスで崩していくと決めた&レヒレがいなくなりリザXの相手をしてもらう必要が出てきたため波乗りではなく流星群を採用。どうせならラティミラーで無償突破を狙いたいのでsも最速にした。

 

f:id:seno_poke:20180515094325g:plain

クチート@メガ石

意地っ張りー威嚇⇒力持ち

実数値:157(252)-157(140)-x-145-67-130(116)-70

技構成:じゃれつく/叩き落とす/炎の牙/不意打ち

解説:

前期と同じまま。この構築の切り札である。

 

f:id:seno_poke:20180602025132g:plain

ゲッコウガ@草Z

臆病ー変幻自在

実数値:147-x-88(4)-155(252)-91-191(252)

技構成:水手裏剣/冷凍ビーム/草結び/めざめるパワー(炎)

解説:

ヒレやランドで相手していたドリュウズバシャーモを削る手裏剣。メインウエポンである冷B。今回のメインである草Zのための草結び。最後は対ガモス用に岩技やドラン用への水技なども考えられたがクチートが重かったためめざ炎を採用した。草Zはかなり読まれてしまったが相手を後手後手にまわしそのまま勝つことができたため,このポケモンの強さを再確認した。前期つらかったアーゴヨンに強く,ガルーラも上から叩けスイクンも返り討ちにできる。水の火力技が無いことに目をつぶればかなり弱点をカバーしてくれる優秀な忍者だった。技外しが無いのも高評価!

 

f:id:seno_poke:20180602030742g:plain

ガブリアス@ラムのみ

陽気ーサメ肌

実数値:183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)

技構成:地震/逆鱗/剣の舞/炎の牙

解説:

ラティアスクチートによくいるラムガブ。ランドに比べて崩し枠であることやラム持ちであることが警戒されやすいがブルルサイクルも崩せたり,サメ肌でガルーラを削ったり,100族の上をとれたりとメリットも大きい。身代わりがないためバナサイクルやグライ入りの受けサイクルはランドに軍配が上がるが順受けループは大会のルール上少ないと考え,バナ相手でもドランなどをうまく起点にできれば何の問題もないと判断した。

 

f:id:seno_poke:20180515094558g:plain

ヒートロトム@拘りスカーフ

控えめー浮遊

実数値:125-x-127-172(252)-128(4)-138(252)

技構成:ボルトチェンジ/オーバーヒート/目覚めるパワー(氷)/トリック

解説:

前期と同じまま。なんだかんだ言いつつ一番選出率が高かったと思われる。実際グロスは大量発生していたためかなり活躍した。炎Zを持たせて毒々を仕込んで使った時もかなり強くしばらくはラティクチヒトム使いになろうと思った。

 

f:id:seno_poke:20180515095313g:plain

メタグロス@メガストーン

陽気ークリアボディ⇒かたい爪

実数値:159(28)-194(228)-170-x-130-178(252)

技構成:バレットパンチ/アイアンヘッド/地震/冷凍パンチ

解説:

ミミッキュキラーとして採用。ガルドに抗うために地震を採用したがミラー対決はヒトムに引くしドランにはガブリアスがいたので絶対に岩技にした方が良かった。

 

キツイ相手

 

雨パ

まあ勝てないと思っていたが割と立ち回りで何とかなることが多かった。

 

Zギルガルド

まあ勝てない。何かしらの幸運が必要だし相手が一回プレミするくらいでも取り戻せないことが多い。初手からくるとまず負ける。

 

バトン構築

きれいに展開されてしまう。

 

ポリゴンZ

明確な対策はないためその場でごまかすしかない。

 

格闘Zフェローチェ

ヒレがいなくなってしまったためほんとに誰も勝てない。先制技で縛るほかない。

 

ウルガモス

この構築は実はこいつをほぼ切っている。一番決まる処理ルートが対面からクチートが叩き不意打ちで悠長に舞ってきたところを倒すことである時点でひどさがうかがえる。実際道連れ杯で負けたのはガモス(しかもアッキ持ち)

 

総括

S9と同じくグロスの枠をミミッキュガモス雨に強くできれば完成度が上がるかなと思います。ウルトララブリィカップでは10勝1敗で5位,道連れ杯では4勝1敗でブロックベスト4,全体ベスト16でした。強いのではと思いレートで40戦したところ22-18でレートが8増えただけであったためもう使わないかな、と思い記事にしました。

道連れ杯はとても楽しく参加することができました。運営の方々,パートナーのたまこさん,対戦相手の皆さん,ありがとうございました!

 

f:id:seno_poke:20180602035013j:plain

道連れ杯の画像はいい感じのがありませんでした。

TN:セラ

チーム名:JKとM1のラティクチ!

Twitter(@seno_poke)